No image

導入前の準備

購入をしたいコピー機の種類や型バージョンなどが決定しましたら、次に導入前においての準備内容について触れていきましょう。

現時点においての仕事、または業務内容などで、当然のことながらコピー機本体の導入などをしていったりするようなカタチになりますので、当然なことながら、現在ご自身が使用をしているパソコンやモバイル機器類などをはじめとするコンピューター端末やそれらのOSバージョンなどに対応をした仕様になっているかを必ず確認をしたうえで、購入あるいはレンタル、リーズ契約などによる、メーカー側からの引き渡しによる現物本体の提供を、申込希望者である利用者本人は何らかのカタチで受ける事になります。

そうした流れが順調になされていくためにも、導入前に利用者本人が現に使用しているコンピューター端末本体自体の、OS情報を正確に把握をしておく必要性があります。実はこのOSがコピー機本体との対応がなされていなければ、全く使用出来ないような場合とかも少なくは無いといった実状があるからです。このため、購入前あるいは導入前において、コンピューターOSが対応をしているか否かを、確かめなけらばならないような場合も出てきたりします。

No image

コピー機の導入

一言でコピー機と言いましても、その種類や型、新品と中古の差など、実に様々なものがあるといえます。このため、まずはコピー機の導入を検討をしていく前に、一体コピー機とはどういったものであり、それにはどのような種類のものがあるかについて、よく理解しておくことが大切です。そのうえで、コピー機の導入をよく検討をし、それについての判断を決めていくというような流れになります。

参考HP⇒中古コピー機販売・複合機リースのOAランド

コピー機というものについての理解をしていくうえでの基礎知識についてですが、まずはそのコピー仕様には、インクのジェット噴射の具合の調節を行いながら画像のコピーをしていくインクジェット式、もう1つのものは、インク・トナーカートリッジ内にあるインクがコピー用紙へ塗られた時点でレーザー照射の具合により色の調整を行っていくという、レーザープリンター式のものの、大きく分けてこれらの2種類の仕様のものからなります。

これらの中でも特に、一私人用あるいは個人使用のコピー機類として利用をされている物のタイプがインクジェット式のものであり、従来式ながらもその歴史が古い分、一番普及がなされているコピー機類でもあり、価格なども一番安いもので2千円台から4千円台の間の値段相場のものなども少なくはありません。一方、レーザープリンター式のものは主に法人などのオフィスで最も用いられたりしているものが多く、その大半がFAXなどの機能とかをも併せ持つ複合機型の類のものが中心になってきている傾向にあります。