No image

機能をチェック

そして最後にコピー機本体が持つ機能についてのチェックの方法についてですが、これらの方法自体もコピー機本体はもちろんのこと、製造メーカーやリース会社、またはレンタル事業者などにより実に様々な機能が備えられており、それらに関しての設定などがなされていますので、それぞれのコピー機本体毎においての機能のあり方について、よく調べておくことがとても必要です。そして、そのコピー機毎においての諸機能を調べていく事により、対応が可能なコンピューター端末本体の情報やOS、備品類、周辺機器類などに関しての情報確認なども可能なるというメリットがありますので、機能性のチェックというものはそうした面においてもとても大事であるといえます。

また、これはコピー機本体によっては、大抵の場合には対応が可能なコンピューターOSのバージョンとしては、WindowsXP以降あるいはMacOS-X以降のものでないと対応が出来かねるものも出てきていますので、旧式のOSを使用しているコンピューター端末本体を所持している方にとっては、注意をした方がよいのかもしれません。

そしてモバイル端末機器類の場合には、あまりにも最新のコンピューターOSを搭載しているゆえに、コピー機の対応デバイスとして認められないものなどもありますので、そうした面を考えても事前においての機能チェックなどは大変重要だといえます。

No image

メンテナンス

コピー機本体のメンテナンスですが、この場合は直接購入、リース契約、レンタルそれぞれの契約形態やコピー機のメーカー、コピー機本体のバージョンごとのあり方により異なりますので細心の注意が必要になると考えられます。

直接購入におきましては、もう既に本体価格の代金を完済あるいは分割支払い中などといった状態など、様々な状況のあり方があったとしても、1年間あるいは2年間程の保証期間で無償でのメンテナンスサービスとかをもやっている製造機器類メーカーなどもあります。

一方、リース契約などの場合においては、リース代とは別に有償ではあっても、企業等によってはかなりの相場で対応してくれるようなところもあります。そしてレンタル契約の場合においては、レンタル契約そのものを解除するまで永久に無償でのメンテナンスサービスを対応してくれるような企業などもあります。

以上のような様々な事例があるように、本当にメンテナンスのあり方も契約形態だけでもこのようにサービスのあり方が異なりますので、それぞれのあり方のうちどの方法が、現在のご自分の使用面においてのニーズに合うものなのかについて、よく事前に検討をしていく事が必要になってきます。