メンテナンス

コピー機本体のメンテナンスですが、この場合は直接購入、リース契約、レンタルそれぞれの契約形態やコピー機のメーカー、コピー機本体のバージョンごとのあり方により異なりますので細心の注意が必要になると考えられます。

直接購入におきましては、もう既に本体価格の代金を完済あるいは分割支払い中などといった状態など、様々な状況のあり方があったとしても、1年間あるいは2年間程の保証期間で無償でのメンテナンスサービスとかをもやっている製造機器類メーカーなどもあります。

一方、リース契約などの場合においては、リース代とは別に有償ではあっても、企業等によってはかなりの相場で対応してくれるようなところもあります。そしてレンタル契約の場合においては、レンタル契約そのものを解除するまで永久に無償でのメンテナンスサービスを対応してくれるような企業などもあります。

以上のような様々な事例があるように、本当にメンテナンスのあり方も契約形態だけでもこのようにサービスのあり方が異なりますので、それぞれのあり方のうちどの方法が、現在のご自分の使用面においてのニーズに合うものなのかについて、よく事前に検討をしていく事が必要になってきます。

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL